会社情報

沿革

1949年10月
長野県長野市に長野日本無線(株)を設立
1950年 1月
電波庁、国鉄等官庁関係ならびに日本無線(株)から無線機の受注が具体化し、通信機器を主とした分野に進出
1951年10月
トランスの生産を開始
1957年 8月
トランジスタ式の電源装置を開発し、電源装置の分野に進出
1966年 9月
テレメータ、ダム警報装置およびデジタル制御端局装置など、電子機器の生産を開始
1977年 6月
ファクシミリの生産を開始し、OA機器の分野に進出
1986年12月
トランスの巻線技術を応用し、自動車部品の分野に進出
1987年11月
荷造り・発送部門拡充のため、当社の全額出資にて長野県長野市にナガニチ物流(株)を設立
1987年12月
塗装・電子部品サービス部門拡充のため、当社の全額出資にて長野県長野市にナガニチ電工(株)を設立
1988年10月
組立配線・トランス製造部門拡充のため、当社の全額出資にて長野県長野市にナガニチデバイス(株)を設立
1990年10月
通信電子機器部門拡充のため、当社の全額出資にて長野県飯山市に飯山日本無線(株)を設立
1993年 7月
品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」認証取得
1994年10月
ソフトウエア開発部門拡充のため、当社の全額出資にて長野県長野市に長野日本無線エンジニアリング(株)を設立
1995年 3月
海外部材調達、生産委託および製品販売のため、当社の全額出資にて香港に長野日本無線(香港)有限公司を設立
1997年10月
日本証券業協会に株式を店頭登録
1997年12月
環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」を認証取得
1998年10月
携帯電話機等の販売のため、当社の全額出資にて長野県大町市にナガノコミュニケーションズ販売(株)を設立
2000年 2月
東京証券取引所市場第二部上場
2000年 4月
間接業務のアウトソーシングのため、当社の全額出資にて長野県長野市にナガノビジネスサービス(株)を設立
2003年 7月
国内子会社を再編
ナガニチシステム(株)、飯山日本無線(株)、ナガニチデバイス(株)、ナガノビジネスサービス(株)、ナガニチ物流(株)を再編し、長野日本無線サービス(株)と長野日本無線マニュファクチャリング(株)として発足
2004年 6月
生産設備機器の生産を開始
2010年12月
日清紡ホールディングス(株)の連結子会社となる
2011年11月
長野日本無線(香港)有限公司の全額出資により、中国広東省深圳市に深圳恩佳升科技有限公司を設立
2013年 3月
海外生産拡充のため、深圳恩佳升科技有限公司に日本無線(株)からの出資を受け入れ
2015年 3月
自動車業界向け品質マネジメントシステムの国際規格「ISO/TS16949」を認証取得
2015年 4月
事業セグメントを「ソリューション・特機」「情報通信・電源」「メカトロニクス」に変更
2016年 3月
日本無線(株)の完全子会社となる(東京証券取引所市場第二部上場廃止)
2018年 3月
長野日本無線エンジニアリング(株)をジェイ・アール・シー エンジニアリング(株)へ譲渡
2019年 7月
車載部品事業の拡充のため、FDK(株)の事業の一部を譲受し、NJコンポーネント(株)(東京都中野区)を完全子会社化