トップページ » 社会・環境活動 » ダイバーシティへの取り組み

社会・環境活動

ダイバーシティへの取り組み

 ダイバーシティとは、様々な違い(性、年齢、国籍、価値観等)を尊重して受け入れ、それぞれの能力を最大限に活かすことで継続的な会社の発展につなげようという考え方です。
 当社においても、従来から育児休職・介護休職等の充実を図るとともに、ベテラン・若手社員の登用、女性社員の積極的登用など、有能な人財の活用と多様性に対応した人事施策を実施しております。今後さらに、ダイバーシティへの取り組み強化を図ってまいります。
 なお、当社はダイバーシティの一環として、女性活躍推進法に基づき、次の一般事業主行動計画を策定しております。


女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画


長野日本無線行動計画

 当社は、社員の働き方を変え、女性の能力を最大限に発揮させることにより、企業の成長・発展につなげるために、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間
  2016年4月1日~2020年3月31日

2.当社の課題
  (1)厚生労働省の公表数値(電気機械器具製造業平均値:2.8%)と比較し、管理職に占める女性割合が低い。
  (2)育児休業によるキャリアの中断、時間短縮勤務による経験量の不足。
  (3)管理職をめざす女性が少ない。

3.定量的目標
  管理職に占める女性の割合を現行の2.2%から2.8%以上とする。

4.取組内容
  (1)女性の採用の拡大
    2016年4月~ 新卒20%以上
  (2)女性社員のキャリア 意識の醸成
   ①職域の拡大
    2016年4月~ 女性が活躍出来る職域を拡大する。
   ②戦略的な人事異動
    2016年4月~ 面接を実施し、育成を目的とした配置を実施する。
           将来活躍が見込まれる者を抜擢する。
  (3)両立支援
   ①管理職の意識改革
    2016年 2月~ 女性活躍法の正しい理解と当社方針を周知する。
   ②女性社員の意識改革
    2016年7月~ 女性社員向け研修を実施する。(自信を持って働く人財を育む)
   ③男性社員の意識改革
    2016年7月~ 長時間労働抑制運動を実施する。(家事分業の対策)
  (4)制度見直し (2016年~ 検討開始)
   ①育児短時間勤務制度の期間を延長する。(最長 小学3年生 3月末まで)
   ②育児休業からの早期復職を支援する。
   ③復職後のサポート体制を整備する。