トップページ » 事業案内 » 公共インフラ

公共インフラ

防災・農業・環境などの公共インフラ設備を通じて
「安全・安心」な社会環境の実現に貢献しています。

防災

都道府県防災、
市町村防災システムなど

農業・環境

畑地かんがい管理など

防災 都道府県防災、市町村防災システムなど

農業・環境 農業・環境・畑地かんがい管理など

 

 

事業の概要

無線通信技術は、社会・経済・文化など、さまざまな分野で飛躍的な発展の原動力となっています。特に、近年増え続ける自然災害に対する防災への取り組みは社会のニーズであり、インフラ設備を通じて、安全・安心な社会環境の実現に貢献しています。
(保有技術:無線通信/制御/高信頼性)

ご提案事例

都道府県防災システム
通信システム
防災システム

災害が起きた際に、衛星や地上系無線をとおして災害に関する各種データを収集し、的確な情報を迅速に提供します。

市町村防災システム

災害情報や行政情報などを地域の方々に伝達する拡声放送システムや、相互に情報交換可能な無線システムなどを提供しています。

デジタル無線化

文字を利用したメッセージ伝送や各種データ伝送など、秘匿性にも優れています。

畑地かんがいシステム
散水風景

通信制御による自動散水により、農業の生産性の向上と省力化を実現します。

監視表示盤
中継装置
通信処理装置